×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

僕なんていう存在を気にかけるには
どうやらあなたという器は大きすぎたみたい
僕の精一杯の言葉があなたという部屋の隅っこで踊ってるよ
僕の想いは太陽にも見放されちまったかもしれないね

大きさを知るために海を見たんじゃなくて
ただ感動するために海を見たんだ
そりゃため息の一つもでちゃいますよ

そこに綺麗なあなたが居るから
そこで素敵な君が笑ってるから
朝日を楽しみにしてたんだ
そこに綺麗なあなたが居なかったら?
そこで素敵な君が泣いてたら?
夜なんて越えなくてもいいよ

あなたという存在を受け入れるには
やっぱり僕なんていう器は小さすぎたみたい
あなたの何気ないおはようで僕という大平原は見えなくなったよ
あなたは月も見えないぐらい遠ざかっちゃったかもしれないね

小ささを知るために空を見たんじゃなくて
ただ感動するために空を見たんだ
そりゃ涙の一つもでちゃいますよ