×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

秋の公園                            @仙人掌
 ゆれるブランコ
 舞い落ちる椛
 黄色く映える公孫樹の葉

 誰も居ない場所なのになぜか楽しい
 一人で居るだけなのに不思議な高揚感が高まる

 笑う気のない口元も少し緩んでしまう

 屹度誰も来ることのない 秋模様の公園が妙に優しく見えた
屋上より空へ                          @仙人掌
 ただの好奇心だった

 立ち入り禁止と書かれた看板付きの鎖を越えて

 誰も居るはずのない場所へ

 大きさと錆で恐ろしく思い鉄のドアを蹴飛ばして

 開けた所で誰かに会えるなんてことはない

 分かっていても

 やはり少し落ち込んで

 脳内に響く支離滅裂な言葉と感情

 そんなものを全部取り払ってくれる気がしたんだ

 だから・・・

 ただ 空が見たかったんだ・・・
春詩                               @仙人掌
春を呼ぶ鳥の囀りを聞いた
春を告げる樹の花を見つけた

でも…

何で僕の心はこんなにも冷え切っているのだろう…
冬詩                               @仙人掌
アナタと共に飛んで行きたい
あの雪の舞う空へ・・・

アナタと共に歌いたい
この雪の降る地で・・・

アナタと共に歩みたい
この雪の舞う季節を・・・
歩続旅人                            @仙人掌
通りませ通りませ
現世への道通りませ

通りませ通りませ
冥府への道通りませ

光は眼に写りませぬ


通りませ通りませ
来世への道通りませ

通りませ通りませ
享楽への道通りませ

立ち止まる事は知りませぬ
自愛旅人                            @仙人掌
旅人に問う
何故旅をしているのか・・・と

旅人は答える
何かを見つけるためさ・・・と

旅人は言う
何かを見つけようと思ったら
何かを捨てなければならない

私はこれまでにたくさんの物を捨ててきた
食べきれない食料・汚れきった服・草臥れた靴

物だけではない
決裂した家族・くだらない誇り・崩れていた友情

これだけのものを失いながら私は未だ何も見つけれていない
しかし旅を続けていれば、いつかは何か見つけれるだろう

そう言い残して旅人は去っていく
何かを見つけるための旅へと

だが、何よりも自愛したかれに見つけれるものなど

無かった
先行旅人                            @仙人掌
まだ完成していない地図と
動こうとしないコンパスを持って
未来に向け歩む

先の繋がっていないマイクと
音を出そうとしないスピーカーを持って
未来に向け叫ぶ

何も書かれていない手紙に
インクを出そうとしないペンで綴って
未来に向け送る

未来に希望はアリマスカ?